世田谷区用賀にある「鍼灸・手技」の治療院|お悩みの症状をご相談ください

座骨神経痛

症例1 座骨神経痛の改善例 

患者

 60代・男性

 

来院

 2017年・12月

 

症状

 左臀部から左脚の後外側にかけて、足首のところまで痛みが強い。

 最初に痛みが出始めたのが今年の7月で、整形外科にてMRI検査を

 した結果、腰椎4-5番に軽いヘルニアありとの診断。

 2回神経ブロック注射を行なったが、その後痛みがさらに強まった

 とのことで、紹介により来院。、現在は痛みが強く、まっすぐ

 立てない。

 

治療

 うつ伏せになるのが辛いため、最も楽な横向きにて、痛みの強い

 部位に関係する腰と脚のツボを中心に刺鍼を行なった。

 その後、あお向けにて座骨神経痛に対処する手技を行なった。

 2回目の治療時、初回治療のあと少し楽となったとのことで、初回

 に準じて施術を行なった。その後まっすぐ立てるようになり、夜も

 あおむけで寝られるようになったとのこと。

 3回施術を行なったあと、だいぶ痛みがなくなり楽となったとの

 言葉をいただいた。

 

考察    

 典型的な座骨神経痛で、痛みが強く、痛みが出てからの期間も

ある程度経っていたが、適切に対処していくことで痛みから解放

されることも可能なことが示せた例である。

  • 03-6805-6926
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2019年8月»
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    • 休診日
  • ご来院地域
    【東京都】
    世田谷区 目黒区 港区 大田区 杉並区 中央区 葛飾区
    【神奈川県】
    川崎市 横浜市
    【埼玉県】
    さいたま市
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • サイトリンク
    サイトリンク
Twitter