世田谷区用賀にある「鍼灸・手技」の治療院|お悩みの症状をご相談ください

肩こり/背の痛み

 

 

症例3 右肩甲骨周辺のこり、右腕のこり

 

患者

 30代・男性

来院

 2018年3月

症状

 飲食の仕事をしており、疲れが右の肩甲骨や右腕にコリとして溜まってくる自覚が

 ある。

治療

 診ていくと、肩甲骨の上部内側や右腕前腕部にご本人自覚のこりがあった。

 それぞれに対応する首と腰、肩甲骨外側の緊張点に鍼をするとともに、

 こりを緩める整体手技を施した。

考察 

 仕事によって負担が溜まる典型的な疲労の形態であり、仕事時の体勢などを

 考慮し、原因を絞っていった。その結果、比較的少数の鍼と手技で、改善が

 みられた。

 

 ≫患者様の声

 

 

症例2 左首から左肩の張り感

患者

 40代・女性

来院

 2017年8月

症状 

 3日程前から左の首から肩にかけて、突っ張り感がある。 

 ご本人には特に思い当たるところない。

 首から肩の張り

治療

 体を診ていくと、左前腕部や左の臀部(仙骨部わき)に緊張部があり。 

 左前腕部の緊張を緩める手技と、臀部を緩める鍼を行なったところ、 

 患部の緊張が緩んだ。

 

考察 

 患者さんの職業(獣医さん)を考慮し、診療時の体勢などを伺いながら、

 患部に張りを引き起こす原因点を探っていったのが、早期の改善に繋がったと

 考えられる

 

 

症例1 背中の張り・痛み

患者 

​ 40代・女性

来院

 2017年3月

症状

 お子さん(1歳)をおんぶで寝かせつけすることが多く、背中に

 疲れが溜まってきた感じ。背中の筋肉が固まっている自覚。

 背の張り 

治療

 上半身の疲れの自覚だが、子供を立っておんぶしていることを考慮に

 入れると、脚部の緊張も考慮に入れる必要がある。また、背中の症状は

 内臓の状態との関連も疑われる場合がある。触診の結果も踏まえ、

 背中の症状と関連性の高い脛部のツボに鍼を行なうとともに、背部の緊張を

 緩める手技を行なった。治療直後に、「背中に血が巡った感覚があり、

 ポカポカと温かく感じて楽になった」とのお言葉。

考察

 背中の張り・痛みが愁訴であるが、それが起こった原因を探って

 いくことで、症状の緩和に、より近づける。患者さん自らの訴えに加えて、

 身体そのものに出ているサインをも、合わせて診ていく必要性を感じた。

  • 03-6805-6926
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2019年12月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    • 休診日
  • ご来院地域
    【東京都】
    世田谷区 目黒区 港区 大田区 杉並区 中央区 葛飾区
    【神奈川県】
    川崎市 横浜市
    【埼玉県】
    さいたま市
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • サイトリンク
    サイトリンク
Twitter