世田谷区用賀にある「鍼灸・手技」の治療院|お悩みの症状をご相談ください
ブログ

外気温と室内温の差による自律神経の失調

" 治療全般 "

2018年8月2日

この夏は、例年にも増して暑い日が多くなっています。

 

暑さに対応しようとする体の働きは、相応のエネルギーを消費するために、

それなりの疲労を呼び込みますし、熱中症などの危険性が指摘されることも

多くなっています。

 

しかし、それと同じくらい心配なのは、気温差による身体のダメージです。

 

外はかなりの高温なのに、室内に入ると途端に冷房により身体が冷やされる、

また冷えた室内から急に高温の外気にさらされる、

こういったことが繰り返されると、自律神経はその都度その環境に適応しようと

するため、身体は非常に疲労するとともに、調整がうまくいかなくなり、

いわゆる失調状態となってしまうことがあります。

 

自律神経の働きは、発汗、血流、内臓機能の調整など多岐にわたっているため、

それらがうまくいかなくなることで、様々な不調が現れる場合があります。

 

このような自律神経の働きの失調により現れる症状に、鍼灸が効果を

発揮するケースも多くあるため、心当たりがある場合には、ご相談

いただきたいと思います。

この記事を書いた人
カテゴリー: 治療全般. タグ: .
  • 03-6805-6926
Twitter